おせち料理 予約

おせち料理と重箱

おせち料理は、なぜ重箱に詰めるかご存知でしょうか。

 

 

おせち料理はめでたいことを重ねるという願いを込めて重箱に詰めるそうです。

 

基本は四段重ね。
上から、一の重、二の重、三の重、与の重、と呼ぶそうです。

 

四段目は「四の重」とはいわないのです。「四」が「死」を連想し縁起が悪いとされているからだそうです。

 

地域や各家庭によって詰め方や料理の組み合わせが違いますが、代表的な詰め方は、こんな感じのようです。

 

 

一の重には、黒豆、数の子、ごまめ(田作り)といった祝い肴〔ざかな〕
二の重には、伊達巻やきんとんなどの甘いもの系
三の重には、魚、海老の焼き物といった海の幸類
与の重には、野菜類の煮物などの山の幸類

 

 

>>>おせち料理の予約はコチラから!